女性特有の症状にはさまざまなものがありますが、多くの女性が経験するのが「生理痛」だと思います。

若い時に生理痛が酷かったけど、子どもを産んだらあまり感じなくなったとか、逆に歳をとってから酷くなった、という話も、よく聞きますよね。ホルモンのバランスと生理痛は、どうやら無関係ではなさそう。

健康なのに生理痛だけが重い、という人もいて、そういう場合はホルモンバランスが乱れているのでは?という懸念もわきます。

生理痛が起こる原因のひとつに、子宮内膜から分泌される「プロスタグランディン」というホルモンがあります。

これは子宮を収縮させ、経血を体外へ押し出すために分泌されるものだそう。生理の時に下腹部が重く、痛くなるのは、子宮の収縮によるものなので、ある意味生理痛の正体ともいえます。

プロスタグランディンの分泌量が多いと、子宮の収縮がより強く起きることになり、その結果生理痛もひどくなるのだとか。

つまり、生理痛とホルモンは関係が深いというより、ホルモン分泌によって生理痛が起きるといえそうですよね。

 

このホルモンには血管を収縮させる働きもあります。血管が収縮すると血液の流れが悪くなるので、頭痛や肩こりなどの不快な症状も現れることに。

生理が始まる頃に多く分泌され、徐々に減るホルモンなので、生理痛は始めが重くだんだん軽くなるのが一般的です。

では生理痛の原因である、プロスタグランディンの過剰分泌は、防ぐ方法がないのかな・・・と考えますよね。

それには、生理痛用の鎮痛剤の利用が有効だそうですよ。

 

鎮痛剤は常用を避ける人が多いようですが、月に数回しか服用しない薬ですから、そう神経質になる必要はないと思います。

上手に使うコツは、痛くなる前に飲むことです。生理痛用の鎮痛剤には、プロスタグランディンの生成を抑える作用があります。

痛みだしてから飲んでも、プロスタグランディンはもう作られてしまっているので、あまり意味がないんですって。

自分の身体のサイクルが分かっていれば、痛くなりそう、というのが分かると思います。まだ痛みだしていない時に飲んでおけば、辛い思いをしなくて済みます。

鎮痛剤は胃に刺激になるものが多いので、なるべく空腹時を避けて飲むのがお勧めとのこと。

詳しくは鎮痛剤の説明書を読み、心配なことや確認したいことがあれば、薬剤師さんに聞いておくといいですね。