女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが少なくなると、悪玉であるLDLコレステロールが増えます。

更年期の女性にとっては、これに伴う中性脂肪の増加も困りものですよね。

中性脂肪は、ヒトにとって貯蔵燃料です。

ヒトは原則、食べたものをすぐにエネルギーに変えて使ってしまうのですが、現代のように過食ぎみだと、余りが出てしまいます。

その余りは中性脂肪となって蓄えられ、必要な時に分解して使われます。

蓄えが増えると、皮膚の下や細胞の中にも貯蔵され、保温に役立ったり、衝撃の際クッションとして働いてくれます。

そこで止まれば良い感じなんですが、あまりエネルギーを消費しない現代の暮らしは余り分が多すぎて、肥満へと進んでしまっているのが現状です。

 

更年期にジワジワ太るのはなぜ

閉経前後の更年期になると、じわりじわりと太る女性が増えます。

これは、加齢にともない基礎代謝量が減ることが大きいのですが、他にも原因はあります。

動かないために筋肉が減少してしまうこと、ストレスによる過食、そして大きいのが「キレイでいることを諦める」という心持ちですね。

要は、身体はどんどんエネルギーを使わなくなっていくのに、食べることを減らさないのでどんどん太っちゃうというわけです。

若い時より美味しいものを食べられる財力もつき、ガマンするのはなかなか難しいですが、肥満になってから痩せるのは大変です。

あくまでも太りすぎないでいることが、肝要です。

体重・体脂肪は常に計測し、BMI値は把握しておきましょう。それが知れれば、自分に必要なエネルギー量がわかります。

いつまでも健康で美しい女性であろう、という気持ちがとても大切なんです。

 

太り方が変わっちゃうのは、女性ホルモンのせいだった

さて、身体を肥満に導きがちな脂肪ですが、蓄えられる場所によって呼び方がちがいます。

「内臓脂肪」と「皮下脂肪」。よく耳にしますよね。

簡単にいうと、身体の表面近くについていて、自分の手でつかめるのが「皮下脂肪」です。

皮下脂肪は落としにいのですが、それは保温や外的衝撃に対するクッションという役目もあるからと考えられています。

たるんだボディラインの原因になるので、女性にとっては憎い皮下脂肪ですが、ある意味成熟した女性らしさの象徴でもあります。

一方、内臓脂肪の方は内臓と内臓の間を埋めるようにつきます。従って、自分の手でつかむことは出来ません。

胴回りが大きくなるのが特徴で、男性に多いのですが、内臓脂肪がついているのは男性の方が多いのはなぜか。

それは、エストロゲンが関与しているからなんです。

 

うまく使ってくれるエストロゲンが減るから、脂肪を溜めないのがコツ

エストロゲンには、内臓脂肪の代謝を促す働きがあります。

そのため、きちんきちんと生理があり、エストロゲンが分泌されているうちは、内臓脂肪が溜まりにくい。

ところが更年期になり、エストロゲンの分泌が少なくなってしまうと、余った脂肪はしっかりため込まれてしまうというわけです。

そのため、更年期以降の女性はウエストがなくなりがちになるのです。

閉経すれば、それまでと同じエストロゲンは分泌されなくなりますから、それまでと変わらず食べ過ぎ・動かなすぎの生活を続けていれば、間違いなく肥満につき進んでいくことになります。

日々、太らないように気をつけて暮らしている人と、そうでない人では、更年期あたりでかなりの違いが出ることになります。

ぜひ、気をつけてすごしたいものですね。