女性ホルモン不足の症状が、心に出るタイプの女性は多くいます。

ストレスへの耐性が弱くなってしまい、以前はなんともなかったことが耐えがたくなり、情緒不安定になるのが特徴。

最初はよくある「生理前のイライラ」だったものが、そのうちいつもイライラするようになってしまいます。

カッとしやすくなったり、突然涙が出たり、焦りや不安感が消えなくなります。

さして問題のない暮らしをしていた人でもこういった症状が出るのですから、そもそも仕事や嫁姑関係、介護問題など大きなストレスを抱えている人は、余計に症状が酷くなるんですよね。

 

深刻な状況になる前に、イライラの対処を

心の不調は、次のような身体の不調に繋がる場合が多くあります。

心が不安定になるタイプの人は、常にイライラしたり急に落ち込んだりするので、人間関係がうまくいかなくなりがちです。

また、よく眠れなくなるので倦怠感が強まり、何もやる気がおきなくなってしまう。

人に会うのが億劫で家に閉じこもったり。その結果、うつ状態になり、寝たきりに近い生活をする人もいます。

こういった症状は、男性や若い人には実感しづらいものなので、家族にも理解してもらえずますます辛い状況になってしまう人が少なくないんですよ。

女性ホルモンを増やすことで、身体が立ち直ると心の不調も治ることが多いんです。

あまり酷い症状の場合は、婦人科を受診して女性ホルモン剤・精神安定剤を処方してもらいましょう。

我慢していても症状が良くなることはないので、早く受診するのをおすすめします。

 

心を穏やかにしてくれるサプリメントは

心の不調がある人におすすめのサプリメントは、ストレス対抗作用と、副腎を強化して元気にしてくれるもの。

セントジョンズワート、イソフラボン、ブラックコホッシュ、薬用人参などがおすすめです。心のイライラには、カルシウムやロイヤルゼリーも良いそうですね。

肝臓が弱い人は、心の不調が出やすいというデータもあるそうです。肝臓を強くしてくれるウコンなども摂るといいですよ。

女性ホルモン様の働きをしてくれる大豆イソフラボンもおすすめ。

サプリメントはたくさんのメーカーから色々なものが出ていますから、予算や配合成分を検討して選ぶといいと思います。

私は粘膜が弱るタイプで、イライラするという症状はありませんでしたが、友人にはこのタイプが多かったですね。

私の友人・知人の間でよく飲まれているのは、ローヤルゼリーですね。

ローヤルゼリーのサプリメントは、主に美容目的のものを多くみかけますが、最近では健康バランスを保つための補助としても良いみたいです。

色々なサプリメントを試した友人達が気に入ってるので、良い製品なのかなと思います。

 

イライラを鎮めてくれる食べ物は

サプリだけでなく、食べるものにも気をつけたいなら、ビタミンB・Cが重要です。

ストレスが多いと体内のビタミンCは大量に消費されます。イライラしたらカルシウムよりもビタミンを補給しましょう。

毎日の食生活に、キウイやグレープフルーツなど、ビタミンCが豊富なフルーツを加えるようにすると良いです。また、ビタミン剤の利用も良いと思います。

 

ビタミンB1が不足すると神経の働きが鈍ります。疲れやすくなり、よりイライラする原因になるので、豚肉やウナギ、枝豆などを食べましょう。

一番手軽なのは玄米です。毎日食べるご飯を玄米ご飯にすれば、無理なく補給できます。特に、発芽玄米にはギャバが多く含まれているので、よりおすすめです。

ただし、玄米は良く噛んで食べないと消化不良になりますから、ゆっくりと食べられない人には向いてないかも。

ちなみに、よく「イライラするのはカルシウム不足」などと言いますが、血液中のカルシウムが不足すると、骨から溶け出して補充されます。つまり、イライラとカルシウム不足は関係ないのです。

でも女性ホルモンが不足すると、骨を強くする物質が作られなくなり骨粗しょう症になりやすくなるので、そういう意味ではカルシウムの補給も必要といえるでしょうね。

 

イライラして不調だという人の場合、肝機能が低下していることが多いそうで、その場合は食べ過ぎもよくありません。

元気を出さなくては、と不必要に栄養を摂りすぎて、余計疲れていた、なんてことがあるんですよ。食事を軽くしてみるだけで、イライラが減るので試してみてください。

油脂や塩分の少ないものを中心にして、アルコール・カフェインなど負担の大きいものは減らしてみましょう。

いずれにしても、必要な栄養を含んだものを、適量食べることが大切ということですね。