サプリメントは「栄養補助食品」。食物からは十分に摂れない栄養分を、補助的に補う性質のものです。

それなのに、ちゃんとした食生活が出来ておらず、「サプリで補ってるから大丈夫」と考える人もいます。

まずは食生活をきちんとすることが重要。サプリメントはあくまで補助です。それが出来ないと、女性ホルモンのバランスを整えるのは難しいでしょう。

栄養素はバランスよく摂れてはじめて、効果が発揮できるものです。よく知られているのが「樽の理論」です。

 

栄養素ひとつずつを、樽を作る板と考えた時、板の高さが揃わなければ中に水を溜めることはできません。まんべんなく板の高さを揃えることが、健康な体を作るために必要だ、という説明です。

言われてみればその通りで、たとえば、不足しがちだからとカルシウムばかり摂っても効率よく吸収されませんし、意味がないんですよね。

TV番組などで「これが何々に良い!」と放映されたりすると、すぐにその成分を含んだ商品が爆発的に売れ、スーパーの棚から消えてしまう、なんてこともあります。

飛びつきたくなる気持ちは分からないでもないですが、そんな時はまず「樽の理論」を思い出すといいですね。

 

サプリメントにも流行があります。でも、どんな栄養素が流行しようと、実は基本のビタミン・ミネラルが体に揃っていなければ、どんな栄養素を足してやっても体の中でちゃんと働きません。

何をおいても、まずは食生活のバランスをちゃんと整え、健康的な生活をすることが大事なんです。

健康な生活をしていなければ、女性ホルモンは増えるどころかどんどんバランスを失っていきます。