女性ホルモンが不足すると、今までバランスがとれていた体が調子を狂わせることがあります。

かかりやすい病気も増え、心のあり方にも影響を与えます。

程度の差はあれ、誰にでも影響はあるものなんですよね。

特に心の不調とともに起こりがちな症状には、次のようなものがあります。

  • 落ち込みやすくなる
  • 物忘れがひどくなる
  • やる気が出ない
  • イライラしやすい
  • 良く眠れない
  • 疲れやすい
  • なんとなく不調・不快

30代後半にもなると、ほとんどの人がどれかには当てはまるのではないでしょうか。

 

まずは栄養補給で免疫力アップを

心の持ちようとはいえ、女性ホルモン不足は意識ではどうしようもありません。病院に行くほどの不調ではないけど、どうにも気持ちがすっきりしない、という人も多くいると思います。

こういった状態は、抵抗力の低下につながるので、こうした心の不調から体調を崩す場合も少なくありません。

抵抗力をつけるには定期的な運動などが効果的ですが、そもそもやる気が出ないのに、筋肉がつくまで運動を頑張れるかどうかわかりませんよね。

そんな時は、サジーを飲んでみるといいと思います。

サジー(黄酸汁)は太古の昔から奇跡の果実として記録されているもの。1日の寒暖差が40度以上ある、まったく水分のない砂漠でも育つなど、過酷な環境の中で生育し200種類以上の栄養成分を生み出す果実です。

旧ソ連では宇宙飛行士の健康増進、ストレスに対する抵抗力強化の目的でサジーが用いられていたそうですよ。

女性ホルモンが不足し、ストレス耐性が弱まっている更年期の女性には、ぴったりの飲み物だと思います。

 

続けていると体の奥から変わってきます

味に癖のあるサジーですが、飲み続けていると、確かに体の奥から変化を感じます

私は定期的に運動もしてますし、生活リズムも良い方だと思うんですが、それでも年々、体力の衰えや保湿状態の悪さを感じるようになりました。

病院に行きたいほどではないけど、いわゆる不定愁訴というのはありますね。どこがどう、という訳でもなく、なーんとなく調子が悪い、というあれです。

女性ホルモンが低下してくると、多かれ少なかれそういった症状は感じるもののようですね。

それでも、サジーを飲み続けているので、同世代の他の人たちより、だいぶ軽く済んでるのかなと思います。

トライアルから飲み始めたサジーですが、今は大きなボトルのものを買っています。

飲みごたえありますよ(笑)

 

飲みやすいもので割ってもいい

よくある酵素ジュースとかと違って、天然成分100%で本当に栄養分が身体に取り込めるのが良いです。

最初はビンが大きくて、果たして飲みきれるだろうか・・・と思いましたが、今では定期的に買って飲んでますね。

ひと月経たずに無くなることもあります。

酸っぱいのも、慣れてしまえばなんてことありません。

個人的には、寒い季節の方が平気で飲める気がします。暑い時期には、発酵臭がちょっとキビしい^^;

なので、夏場は炭酸で割って飲んでます。そのおかげか、夏バテもしなくなりました。

フィネスの黄酸汁(サジージュース)