サプリメントも身近なものになり、心や体、食事内容のバランスの乱れを感じた時に、利用する人は増えています。

女性ホルモン不足も、サプリメントで増やすことはできないかと考えられていますが、残念ながら

「これを飲むと女性ホルモンが増える」

と言い切れるサプリメントはありません。

成分が女性ホルモンに似ているとか、似た働きをするというものはありますが、ホルモン分泌自体を増やすことはできないのです。

ちょっと残念ですね。

 

とはいえ、病院でホルモン補充をするほど酷い不調を抱えているわけではない、という場合は、やはり食べ物やサプリメント補いたいと考えるのは自然なことです。

ここでは、女性ホルモンを増やすわけではないけれど、似た働きをしてくれるもの、バランスを整えるのに役立ってくれるものを紹介します。

 

プラセンタ

哺乳類の胎盤から抽出したエキスを使ったもの。ホルモンバランスを整え、安眠できるなど、精神的な安定にも効果があるとされています。

また、肌の状態を良くする効果も。疲労回復にも役立つため、男性でもサプリメントを利用する人が増えています。

大豆イソフラボン

エストロゲン様の働きをする成分で、自律神経のバランスを整えるとされています。更年期症状を緩和する、骨粗鬆症を予防する効果も期待できます。

マカ

南米原産のハーブ。滋養強壮・精力増強に役立つので男性むけのハーブという印象がありますが、更年期症状の緩和にも役立ちます。

ブラックコホシュ

北アメリカ原産のハーブ。エストロゲン様の働きをします。女性特有の症状である、月経前症候群や更年期障害を和らげます。また、骨粗鬆症の予防に効果があるとされています。

レッドクローバー

ヨーロッパ原産のハーブ。イソフラボンが豊富に含まれており、特に肌トラブルに効果的とされています。

 

いずれのサプリメントも、飲むと女性ホルモンが増える、というわけではありませんが、ホルモン不足で起こる症状を緩和してくれる働きがあります。

あくまで補助的に使うべきものではありますが、毎日の食事内容や、生活習慣を整えながら利用することで、つらい症状を緩和することは出来ると思います。

身体と心のしんどさを取り除き、前向きな気持ちになることも、女性ホルモンの安定に役立ちますよね。

上手に使って、健康な毎日を過ごしましょう。