女性ホルモンは、ざっくりいうと「妊娠に備えるエストロゲンと、妊娠維持を助けるプロゲステロン」の二つ。

体の状態と共に、自律神経も女性ホルモンの影響を受けやすいので、肉体的にも精神的にも女性ホルモンの分泌変動に影響されやすくなります。

一般に、エストロゲンが多く分泌されるのは生理の後。

精神的にも安定し、やる気も出やすいので、その時期にダイエットを始めると効果的と考えられます。

逆に、生理前は精神的にも不安定になりやすいので、何かを始めるよりリラックスすることを心がけた方が良いのです。

 

ホルモンの分泌周期で左右される、女性の心身

ホルモンバランスが乱れると、生理不順になったり更年期症状がひどくなったりしますが、それは自律神経の乱れによるもの。

女性ホルモンは脳の視床下部から指令が出され、それによって分泌されますが、自律神経をつかさどっているのも同じ視床下部。

同じ器官が指令を出すので、どうしても影響しあってしまうというわけです。

視床下部には食欲中枢もあり、ホルモンバランスが崩れると過食気味になることも。さらに代謝は落ちるし、血行は悪くなるし、体は冷えるし。

そういう時期だからと放っておくと、どんどんやせにくい体質になってしまいます。

自律神経を整えれば女性ホルモンのバランスも整い、痩せやすい体質を作ることもできる、というわけです。では自律神経を整えるにはどうしたらいいのか。

 

正しい生活が、正しいリズムを作る

一朝一夕には改善できませんが、日々の生活習慣を正しく整えていくことが大切です。具体的には、

  • 朝起きたら深呼吸&ストレッチ
  • 仕事の合間、電車を待つ間など気が付いたときに深呼吸する
  • 好きな香りをかぐリラックスできる音楽を聴く
  • ぬるいお湯にゆっくりつかる
  • 筋肉を緩める(マッサージやストレッチ)

などを心がけると良いですね。

他にも規則正しい食事や運動の習慣なども大切。

ですが、何より大事なことは、「頑張らないこと」です。

というより、「ムキにならないこと」というべきでしょうか。

 

人に誘われると断れない、評価を気にしてしまう、完璧主義、人に嫌われるのが怖い、という人は要注意。そういう人はストレスを溜めこみやすく、自律神経を乱しやすい。結果、女性ホルモンの分泌バランスを崩しやすいのです。

健康に気を配っているつもりでも、ダイエットがうまくいかない、肌荒れが酷い、体調が悪いなど、どうもうまくいかないという場合は、頑張りすぎていないかも要チェックです。

自律神経を整えることができ、女性ホルモンのバランスも取れれば、ダイエットもきっとうまくいくと思います。