女性ホルモンのバランスを整えるには、何よりも規則正しい生活と、バランスの良い食事です。

でも、生活習慣を改善しても、どうしても整わなくなったという場合は、薬を使ってバランスをとることがあります。

その時に利用されるのが、低用量ピルです。

 


ピルは、卵胞ホルモンと黄体ホルモンを配合した薬。飲んでいる間は排卵が止まり、子宮内膜が厚くなるのを防ぐため、受精卵が着床しにくくなります。避妊薬として使われる場合は、この働きを利用しているのですね。

女性ホルモンのバランスをとるために使われるピルは、低用量ピルと呼ばれ、卵胞ホルモンの量がそれまでのピルよりも少なく、副作用がほとんどないといわれています。避妊薬として利用されるのではなく、月経困難症や子宮内膜症などの治療に使われています。

副作用はほとんどない低用量ピルにも、服用に注意が必要な場合はあります。35歳以上で、1日に15本以上喫煙している人は、血栓症のリスクが高まるとされています。また、女性特有のがんにかかっている人や、心臓に疾患がある人は要注意。

日本人には血栓症などの大きな副作用はまれのようですが、症状や体質によるので、いずれにしても医師の診察は必要ですね。

 

また、月経にまつわる不調には低用量ピルが使われますが、閉経前後の更年期の不調には、ピルではなくホルモン補充療法が使われることが多いようです。もちろん、個人差があることなので、ある程度の年齢になっても低用量ピルを勧められる場合もあるでしょう。

ホルモン補充療法に使われる薬品にも、いろいろな種類やタイプがあります。自分に合った薬を使うためにも、効果や副作用、特徴をよく知ったうえで使うことが大事ですね。

低用量ピルにしても、ホルモン補充にしても、自分の判断で利用するのは危険です。必ず医師の診断を受け、処方を受けて利用しましょう。