ヒトの身体はホルモン分泌によってさまざまな調整がなされています。

女性は特にホルモンの影響をうけることが多く、月経前後などに不調が出たりする人も、少なくありません。

特に便秘になることが多く、普段から便秘がちな人にはつらい期間になりますね。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類があります。このうち黄体ホルモンは、受精卵が着床するのに備えて、子宮内膜を厚くするなど、妊娠の安定を継続させるためのサポートをします。

そのため、子宮の収縮を抑えたり、水分を身体にため込んだりさせる働きがあるのです。そしてこの黄体ホルモンの働きで、腸の運動が抑えられたり、便の水分が足りなくなるというわけですね。

だから排卵から月経前までは、この働きにより便秘になりやすいのです。妊娠初期の女性が便秘しがちになるのも、このホルモンの働きのせいです。

 

ホルモンの分泌が変化するのは変えられないことなので、この時期の便秘を防ぐためには、生活習慣を整えておく必要があります。そしてこの時期には、ふだん以上に水分をしっかり摂り、軽く体を動かして腸の動きを活発にすることです。

この時期に限らず、便秘は放置しておいて身体に良いことは何一つないので、早めに解消することを心掛けたほうが良いでしょうね。

便秘になりがちな人は、食事量が少なすぎる傾向があります。太りたくないからと、必要最低限の食事もしないでいては、女性ホルモンの分泌にも悪影響が出ます。

高カロリーの食品を摂る必要はありませんが、食物繊維が豊富なキノコや海藻、果物、ドライフルーツなどは積極的に摂りましょう。

また、乳酸菌発酵した食品を多く摂ることも、腸内環境を整えるのに役立ちます。腸内が健康だと、便秘になりにくいだけでなくアレルギー反応なども和らぎます。

 

物理的にお腹まわりを冷やさないこともたいせつです。思っている以上に、女性は身体が冷えがちなもの。お腹まわりは特に冷やさないように、温かい衣服でくるんでおくことです。

食事も冷たいものばかりでなく、身体を温める根菜類やスープなどを飲みましょう。

女性ホルモンが分泌される切り替えは、身体を健康に保つために行われるものですが、無頓着でいると少しずつズレていき、気付いたときには深刻な不調の原因になってしまうかも。

健康体であっても、多少の不調はめぐってくるもの。身体のサイクルでどうしても不調がめぐってくる点は、備えて回避できるように整えておきましょう。