おりものを知らない女性はいないと思います。

ある程度、身体が成長した女性なら、認識がある「おりもの」。子宮頸部、子宮内膜などから排出される、液状の分泌物です。

水分でもあり、おりものが多いと肌着が汚れるので、とても不快なもの。でも、膣や子宮を雑菌から守るために分泌されているものなので、大切なものでもあります。

おりものは、生理のサイクルに合わせて変化するものです。生理のサイクルによるということは、イコール女性ホルモンの働きによるということ。

本当に女性の身体は、ホルモンの働きによって、周期的に管理されているというわけですね。

 

おりものは月経直後にはほとんど出なくなりますが、しばらくすると粘り気のあるものが増えるようになります。一番おりものが多い時期は、排卵日のころ。サラサラしたものから、糸をひくような感じの粘りのある状態になりますが、それが排卵の合図です。

やがて量は減り、粘り気もだんだんなくなっていきます。この繰り返しなんですね。

健康な時のおりものは透明または乳白色で、匂いも強くはありません。肌着について乾燥すると、色がついて見えたり、匂うことがありますが、これは空気に触れることで雑菌が繁殖するためで、身体の不調ではありません。

肌着をおりものライナーなどで清潔にしておくことで、防げます。

 

おりものライナーやおりものシートは、肌着を汚さずに済むので衛生的ですが、こまめに交換しないと逆効果になることがあるので要注意です。

生理中のナプキンのように、見てすぐ汚れが分かるものと違って、おりものシートは一見汚れていないように見えることがあります。

でも、実は表面に雑菌が繁殖していたりするんですよね。だから、基本的にトイレに行ったら取り替えた方がいいと思います。

生理同様、めんどうに感じるおりものですが、大切な身体の器官を守っているもの。ふだんの状態をきちんと把握しておくことも大切で、変化が起きたら婦人科を受診する必要があります。

身近な人にも、相談しづらいものでもありますから、余計に普通の状態を知っておくことが大切だと思います。