乳製品が好きな人は多いと思います。私の年代には、特に多い気がしますね。チーズやクリーム系のお菓子、ヨーグルト、アイスクリームなど、美味しいものがたくさんあります。

でも乳製品の摂り過ぎは、動物性脂肪の摂り過ぎにもつながるので、注意が必要です。脂肪が蓄積されると、ホルモンバランスに影響がでてしまいますから。

長い間、脂肪分を摂りすぎる生活を続けていると、乳がんや大腸がんのリスクが高まるともいわれています。

乳製品はカルシウムの補給に役立ちますから、牛乳を1日200ml 程度は飲んだ方が良いそうですが、それ以外にも乳製品をたくさん食べている、という人は、摂りすぎないように1週間単位で調整すると良いと思います。

乳製品とは逆に、あまり食べられていないのが海藻類です。私も、振り返ってみるとあまり食べていませんでした。

海藻類は食物繊維をはじめ、ミネラルやビタミンが多く含まれていますから、便秘やむくみの改善に役立ちます。

 

体の中でホルモンが正常に分泌され、働くためにはビタミンやミネラルが必ず必要です。サプリメントで摂ることもできますが、食生活の見直しにも役立つので、ぜひ海藻類をふだんの食事に取り入れたいです。

ひじきやわかめ、海苔やもずくなど、手軽に摂れる海藻類はたくさんあります。

味噌汁に入れたり、おにぎりに混ぜたりして、頻繁に食べられるように工夫すると良いですね。

外食したり、お弁当を買う時にも、ちょっと意識して探せば意外と海藻メニューはあるものです。もずく酢とか、ひじきの煮物とか、少しずつでも良いので食べるようにしましょう。