女性ホルモンは周期的に分泌されるものです。

自分の周期を知ることは、体調の管理に役立ちます。

個人差のあることなので、自分のリズムをつかむためには、自分で基礎体温を記録することが効果的。

 

基礎体温というと、妊娠のコントロールのためにつけるもの、というイメージがありますが、それだけではなく、体調の管理に役立つものなんです。

基礎体温は、本来は生命の維持のためだけにエネルギーを使っている時、つまり眠っている時の体温をいいます。

でも眠っている時に体温は測れないですよね。だから、目が覚めた時、動き出す前に布団の中で測るのです。

女性ホルモンのひとつ、プロゲステロン(黄体ホルモン)には、体温を高める働きがあります。そのため黄体ホルモンの分泌が活発になると体温が高くなり、分泌が少なくなると体温は低くなります。

なので、基礎体温をたよりに女性ホルモンの分泌の変化を知ることが出来るというわけです。

 

体温の変化を知るためには、毎朝必ず測りつづける必要があります。毎朝の習慣になってしまえば、苦も無くつづけることができます。枕元には婦人用の体温計を準備して、すぐに記入できるように手帳なども用意しておきましょう。

できれば体温だけでなく、月経開始日やおりものの様子、体調の変化なども記入しておくと、後々役立ちます。

測る時間は一定の方が理想的。布団に起き上がらず、寝た状態のままで測ります。できるだけ、寝ていた時と同じ状態で測りましょう。

もし、時間がズレてしまったとしても、毎日測ることをあきらめない方が良いですね。まずは習慣にすることが大事。

体温の変化は微妙なものです。通常の体温計では変化が分からないため、もっと細かく測れる婦人体温計を使う必要があります。

一般的には、低温期と高温期があり、一定のサイクルで繰り返します。しかしこのサイクルにも個人差があるので、ちょっとの期間ではなかなか体調管理の手掛かりにしにくいもの。

長い期間記録していくと、どんな時に自分が体調を崩しやすいのか、気分が落ち込みやすいのかなどという点を知る手掛かりになります。

 

生理不順や、月経困難など女性ホルモンと関連のある不調が多い人にとっては、特に基礎体温は自分の体調をつかむのに役立ちます。

高温期から低温期に変わる時、低温期が続く時、自分の体調や心のありようがどうだったかを掴むことが出来れば、次にその状態になる前に備えることができます。

低温期には身体を冷やさないようにするとか、ちょっとした対処も出来ます。心配なことがあった時にも、婦人科の医師にデータのひとつとして提出することもできますから、不定愁訴が多い人ほど、基礎体温を記録するようにおすすめしたいですね。