毛深さは遺伝的な要因が大きいものです。

性別による違いもありますが、個体差も大きいので、一概に女性ホルモンが少ないから毛深い、とはいえません。

毛深い遺伝子をもっている女性の場合、背中や口のまわり、おでこなどの産毛が濃く、気にしている人も少なくありませんね。

しかし、もともと毛深くはなかったのに、急にひげが濃くなる、産毛が太くなる、という症状が出ることもあります。

多毛症といい、男性ホルモンや副腎皮質ホルモンの過剰分泌で起こります。また、ステロイド剤の副作用として起こることも知られています。

この場合は、男性ホルモンをおさえて女性ホルモンを補充することで、改善できる場合があります。

症状によっては低用量ピルの服用を勧められることもあるようです。その場合は、女性ホルモンと無関係とはいえないですね。

 

いずれにしても専門医の診断が必要なので、素人考えでホルモン補充を考えるのではなく、病院に行く必要があります。

突然の多毛の症状の場合は、卵巣にトラブルが起きている可能性があります。毛深くなるにつれて、生理の周期が乱れるようなことがあれば、早めに婦人科を受診したほうがよいでしょう。

思わぬ怖い病気が隠れていることがありますからね。

 

もともと、遺伝的に体毛が濃い人が、女性ホルモンを増やす努力をしても、体毛が薄くなるとは限りません。

肌や髪の質感は良くなり、女性らしい体つきに近づくかもしれませんが、体毛の薄い・濃い、太い・細いはあまり変わらないからです。

ですから、もし毛深いのが悩みであれば、女性ホルモンを増やす方法ではなく、美容皮膚科などで相談する方が良いと思います。

脱毛には光脱毛やレーザー、ニードルなどさまざまな方法があります。自分の体質との相性もありますが、専門機関での施術を受ければ、その後毛深い事に悩むことはなくなります。

 

女性ホルモンには肌の質感を高める効果がありますが、体毛は必ずしも薄くなりません。もし、多少薄くなるとしても、効果が表れるのはかなり先になるでしょう。

毛深い悩みに関しては、ホルモンを増やすことよりも、クリニックでの脱毛を検討したほうが結果が早いし、肌を傷めずに済むと思います。

個人的には脱毛サロンではなく、皮膚科や美容皮膚科での脱毛をおすすめしたいです。

利用している機械や費用はクリニックによっても違うので、始めにきちんと説明を受け、確認しておきましょう。