女性ホルモンの分泌バランスが崩れて、様々な不調が現れる更年期障害。

女性特有のものと思われがちですが、男性にも起こるものなんだそうですね。

女性の更年期は一般的に40代半ばから50代半ばくらい。この時期に更年期症状や障害が出るわけですが、男性更年期障害もだいたい同じ時期だそう。

年の近いご夫婦の場合は、ほとんど同時に更年期の症状が出ることになるわけで、それはちょっと大変だなと感じます。

 

時期は同じでも、症状はちょっと違うみたい

女性の更年期の症状には月経不順や気分の落ち込み、乾燥やめまいなどがありますが、男性の更年期症状は全身の疲労感・倦怠感、性欲の低下やEDなどがまず現れるそう。

精神的な症状も、気力の衰えやイライラなどうつの症状に似たものが出るそうで、女性の更年期症状ととてもよく似ていますね。

夫婦で同時期にうつのような状態になると、家庭が温かい場所とは感じなくなってしまうかもしれません。

女性の更年期障害にはホルモン投与の処置もありますが、男性の更年期障害はまだそこまで研究が進んでいないようです。

 

疲れているのか、更年期なのか

更年期にあたる年代は、働き盛りでもあるため、慢性的に疲れている人や仕事のストレスが多い人も少なくありません。

そのため、倦怠感があっても、疲労のためなのか更年期なのか分からない、ということがありそうです。

疲労はまずゆっくり休養することが大切。更年期のため疲れやすく、疲れるからまた更年期の症状も出やすい・・・と悪循環に陥ってしまうと、そこから抜けるのはなかなか大変になります。

 

今のところ、男性の更年期障害には東南アジアの熱帯雨林に育つハーブがよい、ということが分かっているそうです。

トンカットアリはサプリメントで販売されているので、ダンナ様がの様子が以前と違うなと感じたら、試してみるといいかもしれませんね。

あとはストレスを軽減することが大切。のんびりと何も考えず過ごせる時間を作ることが重要です。

女性と違い、相談する場所や医療が少ない男性の更年期には、女性の更年期同様に、家族の協力や気遣いが大切だと思います。