大豆イソフラボンが女性に良い、という話は、だいぶ広く知られていますね。

近年になり、イソフラボンは、そのまま吸収されて女性ホルモン様の働きをするわけではなく、エクオールという物質に変換されることで役立つのだということがわかってきました。

エクオールは、大豆イソフラボンが腸内細菌によって変換され、作られる成分なんだそうです。

どんどん詳しいことがわかってくるものですね。

 

エクオールは、大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が、腸内細菌によって変換され生成される物質です。

では大豆イソフラボンを摂れば、エクオールがじゃんじゃん作られるのかというと、実はそうではないんですね。

エクオールを生成するために必要な腸内細菌は、すべての人に必ず備わっているものではないんですって。日本人の場合は2人に1人は持っていないんだそうですよ。

腸内細菌というのは、子どもの頃にその種類が決まってしまうので、大人になってから特定の細菌を増やそうとしても無理なんだそうです。

量が多い・少ないという違いはあっても、腸内細菌はすべての人にだいたい同じようにあるものだと思っていましたが、違うんですね。

とはいえ、2人に1人は持っていないというなら、自分の腸内にもその細菌は、いないかもしれません。だとしたら、大豆イソフラボンをいくら食べてもムダってことになります。

せっかく女性ホルモンに似た働きをしてくれる物質があるのに、自分には無関係なら、ちょっと悲しい。せっかく腸内で変換されることがわかったのですから、なんとかならないだろうか。

というわけで、エクオールを摂取できるサプリメントも作られています。自分の腸内細菌は調べようもありませんが、すでにエクオールを作る菌がいる人が飲んでも副作用はないので、興味があれば飲んでみてもいいんじゃないかと思います。

 

大豆はタンパク質も豊富で、女性に限らず摂取すると良い効果があると期待できる食品ですから、積極的に食べたいものです。

エクオールを作り出す菌がいる・いないも、大豆類を多く食べる生活をしている家系かどうかに左右されるという説もあります。エクオールをサプリメントで摂りながら、大豆製品もたくさん食べておけば、相乗効果が見込めるのではないでしょうか。

もちろん、サプリメントは薬ではないので、身体の調子がすぐに変化することはないかもしれません。でも、大豆製品も多く食べてるのに、今ひとつ良い効果が感じられない・・・ということなら、飲んでみても良いのではないかと思います。