年齢を重ねるにつれ、減ってしまう女性ホルモンを増やしたい!キレイのため、元気のためには女性ホルモンがとっても重要。どうしたら増えるの?何を食べたら増えるの?女性ホルモンにいいと聞くアレは本当にいいの?試したみたもの、やってみたこと、役に立ちそうな情報や経験談を紹介します。

本当に不足なのか、診察を受けてみよう

fusokunanoka-shiraberu

更年期特有の症状に似た状態になると、女性ホルモンが不足しているせいだと考えがちです。実際そうかもしれませんが、絶対にそうだと決めつけるのは考えもの。思わぬ病気が潜んでいる場合もありますから、症状が長期にわたって続く場合は、やはり医師の診察を受けたほうがいいでしょう。

プラセンタを飲んでも、変化がないのは

henkaganai

女性特有のトラブルを軽減してくれると期待されるプラセンタ。同じものを飲んでも、効果を感じられる人・感じられない人がいます。評判が良いものを試しても自分には効果がない、という場合は、もともとの体内機能が衰えているのかも。その場合でも、少しずつ変化は起きていると考えらます。諦めず生活習慣の見直しなどしながら、続けてみるといいですよ。

太ったり肌荒れすることがある?

hadaare-futoru

健康面にも美容面にも良い変化を期待できるというプラセンタ。試してみたいけど、肌あれするとか太るとかいう話も聞きます。心配な気持ちももっともですが、実は体が変化しているから、かもしれませんよ。

更年期には関節が痛むのはどうして?

kansetsu-itai

関節がギシギシいったり、動かすと痛くなったりと、更年期に関節が痛み始める人は多いものです。性別に関係なく、加齢により起こる症状ですが、女性の場合はエストロゲンの減少によっても起きます。ホルモンバランスが崩れてしまうと、若くても関節が痛むことも。

どんなプラセンタがいいのか

donnanoga-ii

女性の体調改善や美容のために、プラセンタがいいと聞きます。でも、どんなプラセンタがいいのかはよく分からないですね。原料も価格もさまざまで、期待できる効果もさまざまなプラセンタ。まずはお試し品などで、試してみるといいと思います。

プラセンタには副作用があるの?

prasenta-fukusayou

女性特有の不調に効果があると期待されているプラセンタ。でも心配なのは副作用です。自然な状態なら、口にすることはないはずのプラセンタ。どんな副作用があるのでしょうか。

月経前の片頭痛はセロトニンの影響かも?

henzutsuu

ホルモンの減少により起こる片頭痛もあります。その場合、時期的なものですぐに治まりますが、普段から健康的な生活習慣にしておくことで、月経時期の片頭痛を防ぐことができるかも。原因は脳の血管の収縮と拡張ですが、収縮してしまわないように心掛ける必要がありそうです。

50代女性は筋トレすべき

50dai-kintore

50代女性と筋力トレーニングは、まったく無縁の話に思えますが、そうではありません。筋トレすることで、女性ホルモンのバランスが崩れた体を立て直すことができるかも。やり過ぎには注意が必要ですが、少しずつできることを続けておくと、心にも体にも良い影響がありますよ。

女性ホルモンをコントロールする、ピル

pill

バランスがどうにも整わなくなった場合は、低用量ピルを使うことがあります。擬似的なホルモンで、月経困難症などの治療に使われるピルですが、使い方には当然、注意が必要です。医師の処方を受けて使いましょう。

育毛と女性ホルモンの関係

ikumou

女性ホルモンが不足してくると、毛髪にも影響があるみたい。育毛と女性ホルモンの関係について調べてみました。

当サイトについて

女性が健康で美しくあるために、絶対必要な女性ホルモン。加齢やストレスで少なくなってしまったり、分泌バランスがおかしくなってしまった女性ホルモンを増やすためには、どんな方法があるのか、女性なら絶対知りたいですよね。

食生活など、生活習慣を整えることが何より大事ですが、その他にも睡眠に関することやストレス解消法など、ちょっと気をつけたら改善するかも?ってことはけっこうあるものです。

加齢によるホルモン不足はある意味避けられませんが、心掛け次第でゆるやかにすることはできるかも。また、まだまだ若いのにホルモンバランスがめちゃめちゃ、って人は、本当にちょっとしたことですごく楽になるかもしれません。

サプリメントを利用したり、症状によってはホルモン補充療法も検討しながら、まずは自分の状態を把握し、足りないものを自覚することが、女性ホルモンを増やす第一歩になると思います。

このサイトでは、女性の身体と心を健やかに保ってくれる女性ホルモンの増やし方や安定させる方法について、色々と紹介したいと思います。

当然のことですが人それぞれ症状も体質も違うし、ホルモン不足の原因も違いますから、私に効果があった方法でも、まったく変化がないよという人もいると思います。

逆に、私には全然ダメでしたという方法でも、効果を実感できる人もいると思います。できるだけ偏見の入らないように、いいと言われる方法は紹介していきたいと思っています。

体調不良や美容面の衰えなど、女性ホルモン不足に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

このページの先頭へ戻る